車ででかける家族

記事一覧

必要なもの

レンタカーの予約手続きをしたら、レンタルした当日に店舗へ訪れる必要があります。そのときには本人確認書類が必要なので、本人だと確認できる書類を持参しておかなければなりません。また運転免許証も必要です。

詳細を見る

返却の仕方

自動車をレンタカー会社で借りた後は返却をしなければなりません。返却時は会社によってガソリンを満タンで返却しなければならない場合があります。またレンタル期間を超過してしまうと別途料金がかかります。

詳細を見る

事故の対処

レンタカーをレンタルしているときに万が一事故が発生したときは早急に対処しなければなりません。事故が発生したら車両は安全なところへ移動をさせて、警察や救急などへ連絡する必要があります。

詳細を見る

レンタルの利用

自動車のレンタルをするときには、レンタカー会社を利用することですぐに自動車を借りて運転することができます。
レンタルする自動車の中には初めて運転する車種もありますが、基本的に軽自動車なら小回りが効くので誰でも運転しやすいといえます。
もし運転をするのに自信がないときは、レンタカーを借りるときに保険や補償に加入しておけば安心してドライブを楽しめます。
運転歴が一年未満の人は初心者マークを付けなければならないので、レンタルをするときには必ず持参をしておくようにすると良いです。
補償制度によっては必須ではなく任意で加入できるものがあり、運転に自信がないときはこうした制度を利用できます。
レンタルにかかる料金から加算されてしまいますが、安全面を意識しているなら加入しておいて損をすることはありません。
もし万が一事故やトラブルなどが起きてしまうと多額の費用がかかってしまうのですが、保険や補償制度があれば少ない費用負担で抑えることができます。
レンタカー会社で自動車レンタルをするときには、その会社で提供している保険や補償制度などを事前に確認しておくことも大切です。

またレンタカーは人間だけではなくペット同伴をすることも可能です。
この場合は事前予約が必要なので、レンタカーの予約をするときに申請をしておくと良いです。
また自動車レンタルをした当日に申請するとペット同伴をお断りされてしまうこともありますので注意が必要です。